• Profile

    山本 ひろこ - 目黒区議会議員 -

    VISION

    「循環型の財政基盤」と「学び育つ」まちづくり

    日本の予算って、1/3は借金です。そしてそのツケは後の世代にまわっていく・・今や若者だけでなく子どもたちまで「将来不安」を抱える近年の日本。でもね、後の世代に希望を持たせることが、今の世代の役目ですよね。

    国も自治体も予算の1/4は人件費。ICTと公民連携で、膨大な人件費のかかる非効率な「お役所仕事」を変えていこう。

    そして、捻出した財源で、教育を変えていこう。これからの時代を生き抜くチカラを身につけるために。

    効率化で教育投資する「循環型の財政基盤」をつくり、学校教育も生涯教育も含め、これからの情報化社会をエンジョイするために、大人も子どももしっかり「学び育つ」まちにしたい、それが私の想いです。

    略歴

    山本ひろこ - 目黒区議会議員、行政情報システム研究者

    1976年生まれ、広島県出身、埼玉大学卒業、東洋大公民連携学修士、東京工業大学イノベーション科学博士課程。

    以前は外資金融企業のシステムエンジニア。家族は、目黒区東山小出身の夫と3姉妹。保育園入所率ワースト1の目黒区にて7回も保活を経験し、行政のありかたに疑問を抱く。自治体財政研究会にて政治に目覚め、2015年4月目黒区議会議員選挙に8位で当選(初出馬ではトップ)。

    業界・地元団体のコネも議員秘書経験もなしの超民間感覚とITの専門知識で、行政のムダ&矛盾と戦い、子どもにツケをまわさない世の中と、教育改革を目指す。

     

    趣味は、筋トレ、バイク、ダイビング、ハリウッド映画や60~70s洋楽。無添加マニア。

    夫の病気を機に健康管理士を取得し、健康促進活動にも注力。

    将来の夢は、3人の娘たちが大きくなったら、家族全員でバイク旅行をすること。そして皆でルート66を横断したい。

    所属

    日本維新の会

    PPP(公民連携)研究所

    情報通信学会

    日本テレワーク学会

    日本税制改革協議会

    日本成人病予防協会

    日本二輪車文化協会

     

    = メディア履歴 =

    言論プラットフォーム「アゴラ」定期執筆中

    記事はこちら

  • 政策

    Simple & Slim

    教育

    大人も子どもも、学び育つまち目黒へ

    少子高齢化の現代、子育て&教育リスクを軽減する必要があります。また、これからの高度情報化社会をエンジョイするには、学校教育も生涯教育も含め、大人も子どもも常に学び育っていく環境づくりが必要です。常に学び、成長しつづけることを、実践しつつ推奨しています。

     

    財政

    補助金頼りの「行政運営」から、効率的な「行政経営」へ

    少子高齢化で税収が限られるなか、福祉費は増えつづけ、今や予算の53%を占めています。不足分を補助金に頼れば、国はその補助金を出すために増税・・、まさに悪循環。増税の前に行財政改革。国も自治体も、今、事業の効率化で自ら財源を捻出するくせをつけなくては増税スパイラルへまっしぐらです。今の自治体に必要なのは、「自立」です。

    ICT(情報通信)

    ITと民間活力の活用で「お役所仕事」を効率化

    紙と対面を基本とする今のお役所仕事には、膨大な人件費がかかっています。少子高齢化で税収が限られ、一方で福祉費が増大しつづける中、サービスカットさせないためには、ITでシステム化できることはシステム化し、民間でできることは民間に切り出していく必要があります。「学び育つまちづくり」の観点から、IT化とともに、ITに不慣れな方へ丁寧にサポートすることが重要です。

    政治参加

    参加したくなるような政治行政へ

    今の政治は投票率の高い高齢者層や、特定団体などの声ばかり重要視されています。住民自治の実現のために、若者に限らず、今まで政治に興味が無かった方にも政治参加して貰えるような、新しい政治行政のあり方を追求します。

    制度改革が待ち望まれるネット投票もその1つです。様々な理由で投票所に行けない方々の利便性を飛躍的に向上し、集計コストを激減させることができます。

    地域・国際交流

    地元と区外出身者、共に住みやすい町づくり

    私は目黒区東山小学校出身の夫と国際結婚して目黒区民となりました。目黒区は魅力的な街としてまだまだ伸びしろがあります。地元と区外出身者の懸け橋として、皆が楽しめるまちづくりをしていきます。

  • Team Hiroko

    様々なイベントや活動を通じて、多くの仲間たちに出会えることに、喜びを感じています。一緒に「山本ひろこ」の活動を盛り上げてくれる仲間は常にWELCOMEです!WEBサイトを見て、ご縁を感じてくれた方は、ぜひイベントに参加してみてください。

    インターンやアルバイトの受入も行っています。​​まずはお気軽にお問い合わせください。

    推薦人

    千葉商科大学院 教授
    吉田寛

    「なぜ税を払うのか?」

    「なぜ子供にツケを回してはいけないのか?」

    山本さんに聞いてみてください。

    チョットだけならズルしてもいいいと思っているうちに、多くの人は原理原則を忘れてしまいました。

    山本さんは、原理原則を大切にしている人です。

    推薦人

    元・我孫子市長

    中央学院大学 教授

    福嶋浩彦

    借金は未来の市民への増税。借金にたよって既存サービスの維持・拡大をしようとする自治体運営を根本から変える必要があります。「子供にツケをまわさない!」と決意する山本ひろこさんに期待しています。

    推薦人

    東京工業大学院 教授

    弓山達也

    山本さんが学生の時から知っています。一際目立つ、行動力のある学生でした。今も議員・母親・大学院生、いろんな顔を持ち、それぞれに力を発揮する行動力のある人です。

    東日本大震災後の人々の信頼、規範、ネットワークといったソーシャルキャピタルを研究する者として、山本さんの活躍を強く期待します!

  • Hiroko's FACEBOOK Page

  • 山本ひろこオフィシャルブログ「ピロローグ」

  • お問い合わせ

    山本ひろこ後援会では、応援メンバーを募集中です。私の政策に少しでも共感していただけるところがありましたら、ぜひお問い合わせください。

     

    (フォームが使えない方はこちらにメールをお願いします hiroko@mama165.com)